Prosele プロセレ製品紹介 Nanodax Casting Shock Leader ナノダックス キャスティング ショックリーダー

prosele_logo_620.giflinkB-home.giflinkB-home.giflinkB-products.giflinkB-products.giflinkB-gallery.giflinkB-gallery.giflinkB-movies.giflinkB-movies.giflinkB-about.giflinkB-about.giflinkB-fasebook.giflinkB-fasebook.gif

nanodax-header001.jpg

次世代のショックリーダー

プロセレ ナノダックス キャスティング ショックリーダー

nanodax-price.gif

SANY0250.jpg
今までのナイロンラインの常識を覆す強さをもつナノダックス原糸を、
キャスティングに最適なショックリーダーにチューニングしました。

ナノリーダーFAQ

nanodax001.jpg


結節強度、直線強度が強い!

一般的なナイロンラインはナイロン分子の集合体です。その分子と分子の隙間に(株)ナノダックス社が開発した新素材ナノダックスを、ナノレベル(1/1000mm)で結合させました。その結果、分子と分子の結合がより強固なものになり、今までのナイロンラインにはない結節強度、直線強度を得ることが出来ました。
また、直線強度は普通のナイロンラインより約15〜30パーセント強いデータが出ています。そこで同じ強度でならワンランク細いナノリーダーに仕上げることが出来ました。これによって飛距離が出ますし、ルアーの動きをよりナチュラルなものにします。



紫外線に強く吸水性が低い!

ナノダックス原糸の特性には紫外線劣化の少なさ、吸水性の低さもあります。これが今までにない耐久性を生みます。





根ズレに強い!

もともと強度のあるナノダックス原糸ですが、さらに耐摩耗加工が施してあります。これまでのナイロンリーダーと同じ太さを選びワンランク上の強度を得るという使い方も出来ます。


美しいクリアエメラルドブルーカラー

この色はナノダックスに微量の金属がナノレベルで配合された結果、素材の持つ波長から生まれた色です。染色ではありませんので、落ちる事はありません。

100パーセントの性能を引き出すテクニック

ナノリーダーは通常のナイロンリーダーよりもやや低伸度で、フロロとナイロンの間くらいになります。また、ナノダックス技術によりナイロンを改質化してありますので、普通のナイロンリーダーとはやや違う性質を持ちます。そこで100パーセントの性能を引き出すために、以下の点を意識してください。

1、キャスティング時に指にかかる程度の長さをとる

ショートリーダー(1m以内)よりも、ロングリーダー(3m前後)の方がこのリーダーに向いています。理想はノット部分のやや上側のリーダーに指をかけてキャストする事です。リーダーが長すぎても飛距離が落ちますので、リーダーに指がかかるくらいがベストです。


2、キャスティング時のスピードをやや押さえる

ショートに素早く振り抜くよりも、少しキャスティングスピードを抑え、ルアーを乗っける様な感じでキャストする事を意識してください。キャストスピードを押さえてもリーダーが細いので飛距離は出ます。


3、ルアー(または結節金具)との結節はフロロカーボンと同じ結び方で

低伸度のラインはノットに対する負担が高まりますので、ナノリーダーもフロロカーボンで使う結び方を推奨します。編み込み部分はフロロカーボンのノットよりもやや緩めに編んでください。

ナノリーダーは今までにない素材のショックリーダーです。より細く、より強く、非常に高いポテンシャルがあります。
車やバイクの新車にはならし運転をする様に、決して初めからレッドゾーンまでまわさず、細いナノリーダーに重めのルアーといった負担のかかる組み合わせからでなく、普段使っている号数あたりから徐々に細くして行くことがベストです。自分のフィッシングスタイルにどのポンド数が合うかを確かめながら、徐々にフィーリングを体感してください。
ナノダックスの特性を踏まえて使えば、さらに高いレベルの釣果が得られることでしょう。


ナノリーダー 各強度のルアーウエイト最適値と対象魚

ロッドには長さ、キャスティングルアーウエィト、適合ラインなどがありますが、ショックリーダーには
それがありませんでした。しかし、ロッドと同じくショックリーダーにも最適値があるのです。
(数値は参考値です。使用条件により変化します)


35ポンド(7.5号)

80gまでのライトジギング、30gまでの軽めのルアーのキャスティング
対象魚 シーバス、真鯛(タイラバにはこの太さがベスト)、クロダイ、ショアからのシーバス、
小型回遊魚、喰いが悪いときのイナダ、カツオ、メジなどに

50ポンド(11号)

120g程度のジギング、50g前後のキャスティング
対象魚 イナダ、ワラサ、シイラ、カツオのキャスティング、
湾内カンパチ、ワラサ、ヒラマサのジギング

60ポンド(12号)

150g程度のジギング、60g前後のキャスティング
対象魚 ワラサ、ブリ、シイラ、ヨコワ、メジ、ヒラマサのキャスティング
カンパチ、ブリ、ヒラマサのジギング

70ポンド(14号)

170g程度のジギング、80g前後のキャスティング
ワラサ、ブリ、シイラ、ヨコワ、キハダマグロ、ヒラマサのキャスティング
カンパチ、ブリ、ヒラマサのジギング

80ポンド(18号)

190g程度のジギング、90g前後のキャスティング
ワラサ、ブリ、シイラ、ヨコワ、キハダマグロ、ヒラマサのキャスティング
カンパチ、ブリ、ヒラマサのジギング

100ポンド(24号)

200g程度のジギング、100g前後のキャスティング 
ブリ、キハダマグロ、クロマグロ、ヒラマサ、ライトタックルGTのキャスティング
カンパチ、ブリ、ヒラマサ、イソマグロのジギング

110ポンド(26号)

220g程度のジギング、120g前後のキャスティング
ブリ、キハダマグロ、クロマグロ、ヒラマサ、GTのキャスティング 
ブリ、ヒラマサ、イソマグロ、カンパチのジギング

130ポンド(32号)

240g程度のジギング、140g前後のキャスティング
GT、ヒラマサ、クロマグロ、キハダマグロのキャスティング
カンパチ、ヒラマサ、イソマグロなどの大物ジギング 

170ポンド(41号)

300g前後のジギング、160g前後のキャスティング
GT、ヒラマサ、クロマグロ、キハダマグロのキャスティング
カンパチ、ヒラマサ、イソマグロなどの大物ジギング 

210ポンド(50号)

350g前後のジギング、200g以上のキャスティング 
GT、ヒラマサ、クロマグロ、キハダマグロのキャスティング(マグロ用の先糸にも最適)
カンパチ、ヒラマサ、イソマグロなどの大物ジギング  

230ポンド(63号)

400g前後のジギング、250g以上のキャスティング 
GT、ヒラマサ、クロマグロ、キハダマグロのキャスティング(マグロ用の先糸にも最適)
カンパチ、ヒラマサ、イソマグロなどの大物ジギング、カジキのトローリングの先糸  



よくあるご質問(FAQ)


FAQ 1  色がついているけど、釣れるの?

もちろん釣れます。ナノリーダーにはナノダックスとともに微量の銅(イオン化されていますので自然界に害は一切ありません)が配合されていて、これが綺麗なクリアエメラルドブルー色を生みます。テストではキャスティングゲームのクロマグロ、キハダマグロ、ヒラマサ、GT、ブリなどが全く問題なく喰ってきました。最も心配したのはジギングでの使用でしたが、こちらも問題ありませんでした。当社のテスターも”この色じゃないと釣れる気がしない”と言いだすほどでした。


FAQ 2  号数が中途半端なんですが?

ポンドテストの値を優先してラインナップし、それぞれの号数を正確に出したかったので、中途半端な号数も出てしまいました。
この強さでこの細さとなることを表現したかったのです。もちろん、若干の誤差はありますが出来るだけ正確な数値を出しました。

FAQ 3  号数とポンド数が違い過ぎませんか?

従来のショックリーダーを凌駕した強さがありますので、今までの基準は当てはまりません。ナノリーダーの特性として慣れていただくしかないと思います。


初めてナノリーダーを使う時の戦略的な使用方法

「ルアーを見切られている」と感じるときや飛距離が欲しいときは、従来使ってきたナイロンリーダーと同じポンド数のナノリーダーを選んでください。例えば、カツオを狙う時に今まで40ポンド(12号)を使っていたら、ナノリーダーでは35ポンド(7.5号)を使ってください。今まで口を使わなかった魚が反応したり、届かなかったナブラに届きます。間違いなくアングラーに圧倒的な優位性をもたらしてくれるリーダーです。
(タックルバランスに対するドラグテンションはしっかり設定してください)

逆に、根ズレでやられるのが怖い時は号数を基準に考えると良いでしょう。根ズレは太さで考えた方が良いので、同じ様に考えてセッティングします。アングラーには今まではフロロか、ナイロンか?の選択肢しかありませんでしたが、ナノリーダーによって可能性が広がりました。ナノリーダーの新しい使い道は人それぞれ、対象魚に合わせて構築できるから面白いんです !